にきびと食事の関係

にきびと食事は関係が深いといわれています。栄養のバランスが悪いとにきびができるとか、食事の内容が悪いとかといった原因がにきびを作る原因になっているようです。他にも食生活からおきるにきびの原因はたくさんあるようです。
よくにきびを治すために、にきびに効くサプリメントを摂ってみたり、食事の内容など変えてみたりしている人が多いようですが、それでもにきびが治らないという人がほとんどです。

にきびになる原因はたくさんあります。外食などが多い人や肉が好きで魚をあまり食べない人。甘いものが好きな人特にチョコレートなどです。お酒をよく飲む人、お酒を飲む機会が多い人。朝食はあまり取らない人、特に学生等が多いようです。夜遅くおやつなど食べる人、食事の時間が遅い人。ストレスを溜めやすい人。タバコなどよく吸う人。運動不足の人などなどがあげられます。こう見てみると食生活に乱れがある人がにきびができやすいということになるようです。

思春期のにきび対策

思春期のにきび対策としては、きちんと洗顔する・皮膚に余計な刺激を加えない・寝不足を注意するという3点があります。洗顔は一日二回は洗って、毛穴をきれいにし、皮脂が出やすいようにします。

また、思春期は、特にスキンケアを重点的に行わなければいけない時期ともいえます。脂っぽい部分を中心に丁寧に洗顔し、清潔にすることを心がけますが、過度の洗顔による皮脂の取り過ぎはかえって刺激となって皮脂分泌を増加させることもあるので注意が必要です。

乳液やクリームなどは、乾燥して肌がかさかさしている場合以外は控えたほうがよいでしょう。化粧水やノンオイルジェルなどで保湿するのが効果的です。女性でファンデーションを塗る場合にはオイルフリータイプを選び、帰宅後はメーク落としですぐに落とすことが大切です。全体に油分の多い化粧品は避け、皮脂分泌をおさえる効果や殺菌効果のあるにきび用の化粧品を選ぶのがよいとされます。