最近のにきびの薬

最近の、にきびの薬には、飲んで治すものもあります。エスエス製薬の「キュティナ」や、エーザイの「チョコラBBプラス」は錠剤です。「キュティナ」には7種類のビタミンとL-システインなどが配合されており、肌荒れや、にきびに効く薬となっています。「チョコラBBプラス」には、ビタミンB2、B1、B6などが配合されています。

それから、武田薬品工業の「ハイシーBメイト2」には、ビタミンB2、B6の他に、ビタミンC、L-システインなどが配合されています。この商品は、肌荒れや、にきびに対してだけではなく、疲労を感じた時や体力が低下している時、妊娠や授乳期によるビタミン不足の際に、ビタミン補給として使用することもできます。

にきびの治療には、漢方が用いられることもあります。小太郎漢方製薬の「コタロー 漢方ニキビ薬」は、にきびによる腫れを抑え、膿を出しやすくし、熱を抑える働きがあります。錠剤で飲みやすくなっています。

塗り薬(クリームタイプ)や錠剤の他にも、にきびの薬として、ローションなどを使用することもあります。「メンターム アクネローション」という商品は、一般的なローションと同じように、一日に数回、体に塗って使います。顔だけではなく全身に使えますので、背中のにきびにも用いられます。しかし、イオウ成分が配合されていることから、ほんのり、イオウの香りがするため、抵抗がある人も居るようです。

それから、ロート製薬の「サプレスBC」という商品はビタミン剤ですが、肌荒れや、にきびの治療に効果がある、ハーブのヨクイニンが入っているため、にきびの治療薬として、よく使われています。また、この商品は、口内炎にも効果があります。形状はゼリー状なので、どこでも気軽に食すことができ、味も甘酸っぱいということで、おやつ代わりとして、美味しくビタミン補給している人も増えています。

コメントは受け付けていません。