新生児にきびケア

新生児の肌はデリケートです。ガーゼで強くこすったり、こすったりしないようにしましょう。赤ちゃんによっては皮膚が弱い子もいます。赤ちゃんにきびに触るときは手を綺麗に洗ってから触るようにすることです。汚いてなどで触るとばい菌が入る場合があります。絶対に気をつけることです。

もし、清潔にしているのになかなか治らないというときは、他の病気にかかっているような場合もあるため小児科医か皮膚科などに相談することです。一番考えられることはアトピー性皮膚炎の可能性があります。アトピー性皮膚炎の場合はかゆみが出てきます。薬をつける場合は、必ず病院などで相談して使用するように。市販の薬などつけてひどくなってしまうことがありますので皮膚科などで相談しましょう。

とにかく、新生児にきびは清潔にしておくことです。どうしても薬をつけたい場合は、ひどいときだけで炎症を抑えるアクリノール亜鉛華単軟膏というものを薄く塗って治します。

なるべくなら自然に治すことがいいでしょう。清潔を保っておけば自然と治るものです。新生児にきびケアの場合は目に入らないように注意しまし丁寧に洗いましょう。清潔が大事です。

にきびと妊娠

妊娠とにきびは関係があるのでしょうか。今まで全然にきびなどできたことのない人が、妊娠をしたことでにきびができ始めたという方がいらっしやいます。

原因としては、ホルモンのバランスのせいで突然にきびができてしまうということなのです。男性ホルモンによって分泌した皮膚の脂が毛穴の脂腺たまってしまうことにきびができてしまうのです。女性が生理のときや妊娠したときに分泌される黄体ホルモンが男性ホルモンとと同じような作用をしていいることからにきびができやすくなってしまうということなのです。妊娠時のにきびは普通できるにきびや思春期のときのにきびと違うため洗顔などは注意することです。妊娠時は肌が敏感になっているため刺激が少ない洗顔などを使うようにしましょう。とくにヒーリングタイプなどの肌を刺激するようなものは避けることです。

また、妊娠時は薬を服用することができないため、にきびがひどい場合は産婦人科などで相談してにきび用漢方薬を服用することです。抗生物質もにきびの薬ですがあまりつけないほうがいいのではないでしょうか。