ニキビ痕

にきびは、多くの人が「自然に治るだろう」と思ってしまい、大した治療もせずに、そのままにしてしまいます。しかし、市販の薬や化粧品などを使っても治らない場合には、早いうちに、専門医へ相談しないと、にきびの痕が、一生、残ったままになってしまうことも考えられます。

にきびの治療は、皮膚科や美容整形外科、エステ店などで行われることが多いようです。皮膚科の場合、診察後、塗り薬を処方されることが多く、患部に薬を塗ることで、すぐに、にきびは治ります。

できてしまったにきびの治し方

できてしまったにきびの治し方としては、軽症であれば、市販の治療薬を効果があります。多くの治療薬にはサリチル酸や過酸化ベンゾイルが含まれており、これらは細菌と毛穴の閉塞を抑える働きがあります。

中症以上になると、炎症を起こし、赤い部分が多数広がってしまいます。そのような場合には皮膚科の病院へ相談したほうがいいでしょう。

美容外科では、にきび跡を治療するためにいくつかの治療方法を行なっていますが、中でも症状に合わせた種類のレーザーを照射するレーザー治療は、ほとんどのにきびに対応しています。

また、角質細胞を削り取って肌の再生を促して色素沈着や赤みを取り除くとともに、コラーゲンを促成させてにきび跡を修復するケミカルピーリングという治療も行われています。